FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根気のいる仕事

 アベ君に任せっきりだったHP更新、物件入力を昨日から私も始めました。

 久々の物件入力で最初のうちは集中してできたのですが、なかなか手間のかかる作業で1物件につき30分くらいかかっています。

 アベ君は慣れたもので1件15分くらいでしょう。

 明日の日曜日も物件入力をしようかと思います。






福島市の不動産、新築建売り 中古住宅 売土地 売マンションは、仲介手数料無料のさくら並木エステートへお問合せ下さい
スポンサーサイト

わかった

 ホームページからの問い合わせが無いのを夜遅くまで考えていました。

 掲載物件の絶対数が足りない、それと情報としての写真が足りない!

 明日からまた地道にHP更新しよう。

 









福島市の不動産、新築建売り 中古住宅 売土地 売マンションは、仲介手数料無料のさくら並木エステートへお問合せ下さい

ホームページのリニューアル。 しかし・・・

 半月ほど前に当社のサイトをリニューアルました。 
社運をかけた満を持してのリニューアルですが、お客様からのお問い合せが1件もありません。 

 毎日、200件前後のアクセスがあり、朝のお問合せメールを開くの楽しみにしているのですが、何かが足りないのでしょうか。

 何かを探して、また明日から模索の日々を送ろうかと思います。
 
 

 








福島市の不動産、新築建売り 中古住宅 売土地 売マンションは、仲介手数料無料のさくら並木エステートへお問合せ下さい








平成

 時代が平成になった時は、19歳で東京に住んでました。
それから30年間、本当にいろいろありましたが振り返るとあっという間でした。
東京から福島に帰ってきたのがたしか平成8年、父親の経営する会社を手伝っていました。
最初は、補償コンサルタントいう公共工事の営業をしていました。その後、不動産事業部を立ち上げたのが、たしか平成18年。不動産事業の不の字も知らず毎日てんやわんやしてました。立ち上げの1年間は大袈裟に言えば不眠不休状態でしたが、不動産業全般の知識は1年である程度はわかってきました。ところが体調を崩したことと諸事情で2年で父親の会社を退職して平成20年5月に独立、自信もお金もなかったので、昼間働いて朝、新聞配達のアルバイトをして生計を立てていました。
 
 最初の試練はリーマンショック。成約が全くなく途方に暮れてました。しかし、平成22年にある会社の社長から、中古住宅をリフォームして販売するという事業を共同で行わないかと持ち掛けられ、事業も成功し、なんとか食べて行けるようになっていきました。 この社長には事業資金まで出資して頂き、感謝という言葉では言い表せないくらい感謝しています。そのおかげでだんだんと銀行融資も受けられるようになりました。

 やっと事業も軌道に乗り始めたと思ったら、平成23年の東日本大震災、原発も爆発しもう終わりだと思いました。
物件の在庫も抱えていたので、本当にどうしたらいいかわかりませんでした。
 そしてストレスによる震災太り、68キロだった体重が5月くらいで一気に83キロぐらいまで太りました。 震災後、ストレスでラーメン大盛りとかつ丼とか毎日食べていたので、その後7年経って93キロくらいになりました。 今年の元旦からダイエットをしているので今では77キロくらいに戻りました。目標はあと10キロ減、67キロまですることです。
  しかしストレスでやけ食いするほど心配していたのもつかの間、震災1年半後くらいから復興特需がありました。特に福島県は原発避難者の需要が平成27年くらいまで続きましたね。原発被災者の皆様には申し訳ございませんが、復興需要のおかげで会社も一息つくことができました。

 平成29年に事務所移転、私が個人的に買った中古住宅が変わった造りで、事務所に合いそうなので思い切って事務所にしました。使い勝手がよく、仕事にもやる気が出て、お客さんもたくさん来て頂けるので移転してよかったなとつくづく思います。

 平成の30年間振り返って本当にいろいろありましたが、あっという間に19歳だった私が49歳、今年で50歳になります。
5月から新しい元号になり、また当社も11期目がスタートします。 平成の終わりと一緒にうちの会社も終わりにならないように気を引き締めて頑張らなくてはなりません。

 これから週に1回くらいはブログを更新しますので宜しくお願い致します。













福島市の不動産、新築建売、中古住宅は不動産買取り専門店、仲介手数料無料のさくら並木エステートへお問合せ下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。